1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>


CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
PROFILE




OTHERS

ごま

- -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | | - | -
無計画の計画 (5月2日)


私の5連休。
カブで出掛ける予定は立てていなかったけど、ダラダラ腐っていては不可ないと思い立ち、無計画のまま出かけてみた。

 ・石和か信州の健康ランドに、誕生月特典を利用して泊まる
 ・5月4日には帰宅する

決めたのはこれだけ。
あとは全くフリー。
自分でもどこに行くのか分からない。




まずは脱大阪市のチューブ的な第二京阪をすいすい。
日曜なのに、GWなのに、空いている。

目的は無く自由、とは言っても、小道をうねうねと行くではなく大きな標識を見ながら大きな国道が交差する所をどっちにいくかっていう二択で進んでいく。
R307との交差点。どうする?
(・∀・)< 直進!
こんな感じ。

初めて第二京阪で京都に入ると標識に「堀川五条」が出てくる。
梅小路って七条通りっていうんじゃなかったけ?
(・∀・)< 行ってみよー!



あっさり到着。
これまでは2時間かかっていたのが、今回は1.5時間でついちゃった。
何事か催しがあるらしく、人も車もたくさんなので写真だけ撮って、R1。

次の選択肢は福井or彦根。
心底どっちでもいいやと思いながら、流れに巻かれていたら福井方面へ行くことになった。
「おーこっちですかー。なるほど~」なんて、他人事みたいで楽しい。
昔、まだ50ccだった頃に鯖江まで行った道だ。


R161は車が一杯で道も大きくないのでとても混雑していてイライラしかけるのを
「私にはいつまでにどこに行くっていう予定が全く無いんだから、焦ることは無い」
と考えると、気持ちが落ち着いた。
夜だからって寝なくてもいい。
仮眠とって真夜中走ったっていい。
逆に、日が暮れないうちにどこかに滑り込んだっていい。
なにしてもいい自由。
そう考えたらちょっと優雅な気分すら感じたり感じなかったり。

でも、日がくれてくるとやっぱり心細くなるもので、19時の時点ではまだ福井県坂井市内。
だけどもうちょっと行けば石川に入れる。
そっちの方が栄えていそうで、栄えていれば自然と泊まれるところや何かも簡単に見つかるだろうと思い、大聖寺を目指す。
国道をちょっと離れて大聖寺。
昔勤めてた会社の主要取引先が大聖寺にあり、かっこいい地名だと思ってたので。
一度行ってみたかった。どんなとこか知りたかった。
「大」が付くからって勝手に栄えた町を想像していたけど、意外とこぢんまりしてたね大聖寺。



日もすっかりくれてしまったので、ここらで泊まるところを探したい。
と、楽天トラベルを調べると、この辺にAPAホテルが……、ってすぐ目の前にあったw
今日の空室を調べると無しと出てくる。
ネット上は締めきっても、直接訪ねれば一人泊まるくらいの用意はあるだろうとテクテク入っていって、空きは無いかと当たってみたら、無いという返事。

ネットを調べても、今夜泊まれる宿など何一つ出てこない。
………あー、GWをナメてた…(゚Д゚;
このぶんだと、信州だか石和だかの健康ランドも宿泊は無理かもしれないと急に不安になる。
電話してみようとか迷う。
でも、「健康ランドだからこそ、予約で全室埋めてしまうことはなかろう」と何のアテもない希望が湧いてきて、とりあえず今日落ち着ける場所を探して、大聖寺をあとにする。またね。
途中、道端にビジネスホテルの、矢印つき看板があったので電話をしてみたけどここもダメだった。
どこから来た客が、どこへ行くために泊まっているんだろう。

泊まるところを、町を、と思いながらも行き当たりばったりにR8を走るとそこはバイパス。
何も見えないままビュンビュン飛ばす高架。周りなんにもない。
このまま私どこまで行くんだろう…。夜明けまで走ることになるんだろうか。
そしたらそのまま長野にも着いちゃうんじゃない?
いろんなことを考える。昼の余裕はもう無い。そして寒い。
お腹もすいてきたので、宿探しと並行してご飯やさんを探していると、走ってる車線側に広い駐車場と幟のあるお店を発見。
熱い汁物を下さい。



味噌煮込みうどんと唐揚げ。
温かくて温かくて本当においしかった。
この御飯が21時。この先すぐにビジネスホテルの空きがあってもこの時間から泊まるのは勿体無いので捜し物をネットカフェに絞り、とりあえず標識に現れる「金沢」まで行くことにした。
しかし行ったら行ったで駅がきらびやかすぎて近づくことが出来ず、小さな道に託した小さな希望も叶わず再びR8。
そして富山県に入ったのが22時半。
倶利伽羅あたりを過ぎて、「道の駅メルヘンおやべ」で休憩。
ここのマスコット、このときは単に可愛いだけの牛だと思っていたけど、"あの"火牛が元になってる事には帰宅してから気づくのだった。
ここは建物の中にトイレがあって、夜でもその屋内に入れるようになっている。
とても寒い時にはこれはとっても嬉しい。
サイトを見に行くと、施設が開いてる時間帯はコインシャワーも使えるとか。
食事メニューも美味しそうで、「メルヘン温玉ソフト」とかいうのがとても気になる。
ここはもう一度、昼間に行きたい。

半ば、夜通し走る覚悟を決め、藤子不二雄のふるさと高岡市に入ったら、そういう時にあっさり見つかるもので。ネットカフェ。
もう走りません。寝たいです。
説明を受け、番号のスペースに案内されて、まずしたことはiPhoneの充電。
フリードリンクとかもうどうでもいいから、ラクにして休みたい。



渡されたバインダー、利用者が「男性」になっているのがちょっとだけ気になるけど、それもどうでもいいや



カブ旅まとめ | 00:19 | comments(0) | -
精算
旅費まとめ



9/6(大阪-愛知)
ガソリン0275 食事00000 飲料0000 菓子0318 施設利用00000 他0000 計00593
9/7(愛知-東京)
ガソリン1742 食事02870 飲料0890 菓子0000 施設利用06170 他0000 計11672
9/8(東京-仙台)
ガソリン2142 食事06487 飲料0664 菓子0062 施設利用05030 他4500 計18885
9/9(仙台-仙台港)
ガソリン0348 食事01470 飲料0270 菓子0510 施設利用13400 他0000 計15998
9/10(名古屋港-大阪)
ガソリン0853 食事01245 飲料0270 菓子0000 施設利用00000 他1551 計03919
合計
ガソリン5360 食事12072 飲料2094 菓子0890 施設利用24600 他6051 計51067


・やたらペットボトルでお茶を買って飲んでた。
・牛たんは8日に2軒、9日に1軒。定食はだいたいどこも1500円くらい。
・「他」は土産。
カブ旅まとめ | 01:57 | comments(0) | -
かいつまんで8日





ごかっていうのは「五」「霞」ってかくらしい。
なるほどな景色。




20年位前に普通列車で東を目指してたときの挫折地。
もっと何かこみあげるものがあるかと期待したけれど、それほどでもなく。
ここをカブで越えられたので、これからは遠くに行きたいと考えた時にココのことを思い出さずに済む。


つうかいなR4




さやさやr46


七ヶ宿湖


駅前のアーケードの名前だと思っていた


仙台の仲間


駐車事情




牛たん、ネットで写真で見たとおりだった。
おいしいおいしい。
カブ旅まとめ | 22:54 | comments(2) | -
7日のとりとめのない話





何度か東の方へ遠出していて、そのたびにGPSで記録も取っているのに、そこから給油のタイミングや場所について考えたことが無い。
CTの場合、150kmくらい走ったら、給油について考え始めよう、という姿勢で間に合っている。
そのわりには、いつもハラハラするんだけど。

この日も日付が7日に変わろうかというころになって給油のタイミングがやってきた。
R1からR23に乗り換えたばかり、この先どんな風だっけ…、とにかく23号という所は流れが速くて高架で…と思い出してみるとスタンドが有りそうな気が全然しない。
ということで、手ごろな交差点でR1を目指しながらスタンドも探す。
こういうとき、ガソリンスタンドマップ、なんていうのがあればいいのに、と真剣に思う反面、他人のふんどしで相撲をとるというか、旅の醍醐味が無いというか、頭脳派気取りというか、なんかフェアじゃないような気もして、他愛ない「あったらいいな♪」っていう思いつきが自己嫌悪に変わってしまった或る所にて、スタンド発見。

店内清算式セルフでついでに缶コーヒーも買って、道端でメーターの写真撮ってたら頭上の看板の電気が消えていく。
看板に「24H」って書いてあるのに!?と見上げたら「6H〜24H」の「24H」だった。時刻は23:59。ギリギリやん。
実は、R1なんてのは交差点から3分の時点で知らずに通過していたのだ。
もしあとちょっと遅くてココが閉まってたら、私は「R1まだかー」と更に西へ逆戻りしてただろう。
R23へ戻ってみたら、ポイポイとガソリンスタンドが現れて苦笑。



延べ何台のカブが写真を撮ったか知れ無い豊橋の公会堂でちょっとだけお菓子を食べて、道の駅掛川につくと、休憩棟の中で寝てる人が居る…(´・ω・)
出発前、仕事帰りに寄ったコンビニで、傷まず砕けずの条件のもと、魚肉ソーセージを道中のおやつとして買っていて、公会堂の階段で食べるのは誰も見てないとはいえ気が引けて控えたのだ。
ここなら大丈夫だと思っていたのに、人がそばで寝ている密室では更に気が引けるじゃないか。
しばらく見ていたら、別の男の人が室内に入り、テーブルに突っ伏して寝始めた。
しょぅがないのでお茶だけのんで、あと一息、するけんまで。

藤枝市内からはR150の方が開放感あって好きなのだけど、時間帯のおかげでR1がすいているからそのまま進んでみることにする。
行ける所まで行くつもりで静清バイパスにのっかったら、125cc以下はダメと締め出さてれも高架の真下を道が続いているので、バイパス走っているのとそんなに変わらない雰囲気だった。

「あと少し」と言われたらたいていの人は「よしがんばろう」って気力が沸いてくるのだろうか。
私は逆で、「あとちょっとだよ」なんて言われたら、じゃあもういいやん('A`)って気持ちになりがちな所がある。
意味ありげに言うと、"終わり"が怖いということか。
"完成する前に壊したくてしょうがない奴ら"の仲間かもしれない。
単なる生粋の怠け者なんだろうけど。

バイパスをぼんやり走っていて気づいたらするけんを過ぎていた。
1.5時間で着いてしまうとか予想外だし。

細長いロッカーに、鞄の中身である袋ブロックをばらして押し込み、お風呂。
ここは洗い場に仕切りがあるから好き。
残念だったのは、いつのまにか岩盤浴の施設が出来ていて、好きだった癒しのナントカっていう低温サウナのようなものが無くなってたこと。
天井の星の絵見ながらウトウトしたかった(´・ω・`)
仮眠室では、他人たちの携帯アラームがたびたび鳴って落ち着かず、テレビの部屋にいけばテレビの見方がさっぱりわからず、所在無く館内を階段フル活用でウロウロし、予定より早く着いた分早目に出た。

今回は、初めての東京自走で堪えた1号線をちゃんとやるというのも目的のひとつ。
箱根の渋滞に参り、横浜で道間違え、あまりの車のスピードに怖くなって脇に停めたら、今度はその速い車の群れがいつまでも途切れなくてなかなか走り出せなかったり、なんだかとても怖かった。
あれを確認しようと思って。

箱根の渋滞は前と同じだったけど、今回は道も間違えなかったし、怖かった思い出のカーブの道もどこだか判らず、適当な混み具合にもさほどイライラせず。若干気持ちに余裕が出来たみたい。
都内に入ってからやけにネガティブな独り言がどんどん出てくるけど、カブを運転する事そのものはちっともイヤじゃない。

宿についてCTを停めているとおっちゃんに「今日は緑じゃないんだ」と声をかけられた。
去年、リトルで来た事を覚えていてくれたんだ。
嬉しくてつい「また11月に来ます!どっちにするか決めてないけど!」っておっちゃんにカフェカブ自走&宿泊宣言してしまった。

心配していた雨は、私が宿についてしばらくぼさーっとしている間に雷とともにやってきたものの、ご飯を食べに外に出かけた頃には小雨になり、音がしない光だけの雷はそんなに怖くもなかった。
呼びつけたきーんさんを持つも全然こないというか返信すら無いので教わったアドレスが間違っているのでは無いかと穿ちながら一人で食べ始めていたら雨がひどくなり、そんな雨の中をカメラ持参でやってきたきーんさんと無事合流、ご飯食べ終わって外にでたらまたやんでいた。天気のタイミング、素晴らしすぎる。
ミーティングがあった関宿、きーんさんがこの日行ってた関宿、私が翌日行けたら行きたいと思っていた七ヶ宿の関宿。
私は自分のことしか考えてないので、「関宿まで1時間半くらい」と聞いてあほみたいに何回も聞き返し、宿に戻ってから自分の勘違いに気づき改めてコミュ力の低さを痛感。
夜中の3時には出発するつもりで、だらだらと多分23時くらいに眠った。と思う。
カブ旅まとめ | 01:29 | comments(0) | -
仙台まで3(9/8ログ)
■2008/9/8 GPS
0620 浅草出発(12636.6km)
0627 R4へ
0642 埼玉県入り
0644 給油4L。5分。谷塚仲町
0752 道の駅ごか。霧がすごい。
0810 道の駅ごか出発。R4バイパス、右車線走りまくり。
0833 栃木県入り
0905 給油1.8L。上蒲生。2分
1051 福島県入り
1110 新白河駅着
1114 新白河駅出発
1150 R4沿い蕎麦屋。食事。
1220 出発。
1231 給油3分。3.5L。安積田。(東京から215km)少し北に「ひばり健康ランド」
1327 道の駅安達前通過。福島市入り
1348 地図交換・確認7分
1420 r46を通過
1425 引き返す
1432 r46羽州街道へ
1448 宮城県入り
1500 R113へ。
1504 道の駅七ヶ宿(しちかしゅく)着。4分休憩
1518 「関宿」看板前。6分。
1531 道の駅七ヶ宿前通過。
1549 R4へ。
1608 給油。3.8L。柴田郡大河原
1706 R45へ(苦竹)
1730 仙台ビジネスホテル着。13029.6km
(東京から393km/休憩込み11時間)

カブ旅まとめ | 22:49 | comments(0) | -
トラック
gekoのトラックデータの画像が大きすぎてココに直接はれないので
こっちに。
いまんとこ6日と7日だけ。

GPS

カブ旅まとめ | 21:21 | comments(0) | -
6日のわりと雑な話



仕事から帰ってきたのが19時ころ。
雨の予報がまだ20〜40%で出ていたので、予定よりも早めに出た。
こころのスタートライン・池之宮北で307に入って、杉でわざと違うほうの道を進んだらちょっと幸せ。
どう無駄に曲がろうが馬鹿正直にその国道を信じるしかない自分でいるのもいいけれど、たまには自立心も。

城陽メタルの看板を見るたびに、ここまで通勤するのは大変だなと毎回同じことを思う。
日ごろ何気なく通過していたある場所が後に自分に深くかかわるようになるたびに「あのときは、ここに通うなんて思いもしなかったなー」としみじみ思う。
ここに勤めるってことはあり得ないだろうけれど、何がどんな縁でどうつながるかわからないので、いつか307もわくわくしない道になるかもしれないなー、ということまでセットでいつも考えている。

大きな高架の下を通るときにはいつも、亡くした家族のことを考える。
ついてきてくれてますかー。守ってくれてますかー。
ミラーにうっかり映り込んだりはしないでねー。って。

そういういくつかの印象的なポイントを通っても通ってもまだR1には行き当たらないのに出てくるときにはあっさり。

くぐってすぐ左。坂道のぼると、ある意味ゴールでありスタートでもあるR1。
舞台のしたからマイクと一緒にスーッと出てくる演歌歌手みたいな気分になる瞬間。

朝から仕事して、昼からはずっと左肩が痛いのに、運転中全く肩が痛くない。
眠くも無くて、心配していた雨もまだ降ってなくて、幸先良い。


カブ旅まとめ | 22:46 | comments(0) | -
仙台まで2(9/7ログ)
■2008/9/7
0002 R23へ戻る
0044 R23を降りる
0054 中汐田・R1へ
0209 豊橋市公会堂到着。眠くなってくる。お菓子を少し食べた。
0227 豊橋市公会堂出発。
0245 浜名バイパス迂回。r173。
0246 静岡県入り
0324 給油3.3L。飯田町。
0400 道の駅掛川。お茶を飲む。
0428 道の駅掛川出発。
0442 バイパス降りる。島田市内。夜明け前で思いのほかはやい
0502 道の駅宇津ノ谷峠通過
0507 丸子トンネルへ。(静清バイパス。不可部分は高架下併走)
0534 静清バイパス終了。いつもと道が違うので駿健入り損ねる
0537 駿河健康ランド着。12452.2km(自宅から383.7km/休憩込約9.5時間)
0936 駿河健康ランド出発
0947 ゆいさくらえび館前。食事は11時開店、引き返す。
1006 道の駅富士。食事。
1040 道の駅富士出発。
1106 給油4L。沼津市中沢田
1146 道の駅箱根峠通過
1229 箱根の混雑終了(神明町三枚橋の辺り)
1254 国府津海岸休憩。
1307 国府津海岸出発。
1508 東京都入り。大田区。何箇所か御輿をやっている。
1535 東京タワーが見えた。
1612 浅草着。12636.6km(自宅から568.1km/仮眠抜約16時間)

カブ旅まとめ | 01:02 | comments(4) | -
仙台まで1(9/6ログ)
■2008/9/6
2013 出発12068.5km
2103 池之宮北・R307へ
2109 津田北で給油1.6L
2115 杉で府道直進
2118 R307復帰
2119 京都府入り。前後の車のライトのおかげでちょっとラク。
2151 滋賀県入り。
2234 R1へ。すいてる。
2247 あいの土山通過。
2303 関宿到着。
2317 関宿出発
2345 「海山道一」をR1方向へ。R23にスタンドがしばらくないと思い込んでた。
2347 R1通過(気づかず)
2350 給油3L。R23へ、来た道戻る。


カブ旅まとめ | 00:44 | comments(0) | -
岡山
好きでカブを長時間運転しているくせになんかネガティブ。
そういうまとめ

HTMLはよくわからないので知ってるタグだけ使った。
私にとって「ホームページのつくりかた」は97年頃から進化なし。

カブ旅まとめ | 22:43 | comments(3) | -
 1/2PAGES >>