123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>


CATEGORIES
RECENT COMMENTS
LINKS
ARCHIVES
PROFILE




OTHERS

ごま

- -
<< 脳内 | main | まめ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | | - | -
めも
ビールを買いに行ったら、歩道いっぱいに小学生が自転車片手?にたむろしてた。
邪魔やなーとは思いつつも、私の通路には関係なかったんでビールとおやつを買ってそれをCTにくくりつけていたら、むこうからやってきた自転車のおっちゃんが小学生群を前にじーと止まり、「どかんなあかんやないか」と説教。
小学生はなんやかんや、しゃべりの調子を変えないままでちょこっと口答えをしながらもどいた。
おっちゃんが通って言った後、やはり同じ調子のままなんやかや言ってたのだけど、その中の一人の「構ってほしかったんちゃうん」と言葉をかっきけにまたいらんことを色々考えてしまった。
10歳かそこらの子供が、「かまってほしかったんちゃうん」という。
すぐに、その子が親から「あんた構ってほしいんか?」と心底鬱陶しそうに言われる様子が浮かんだ。

子供を持ったこともないし、大人になってから子供と親しくしたこともない私が言っても真実味がないかもしれないけど、子供は構って欲しがりなもんだと思う。
本気で構われたくない子はじっとしているか、さっさと大人から隠れる。
悪ふざけしたりいたずらする子は人と関わりたいんだと思う。

子供とスーパーに来たはいいが、買ってほしいお菓子を握って見せにきた息子に対して「お前おかしいんか?」と自分で自分の額を指差しくるくる回して見せるような、情緒のない人が親になんかなっちゃダメだとおもう。
遠慮なくキツい事をわざと言い合えるアホ友達に接するのと同じようにしか子供に接することが出来ない親はバカだ。

やっぱり最後には、人がどんどんバカになってるという気持ちになる。
あーいうひとたちがたとえどれだけ涙を流しても、きっと何の味もないのだろうと思う。
蒸発したら跡形もないのだろう。
やっぱもうこれ以上、つるつるした人は生まれてきてくれるな、と思う。
昔の冷蔵庫みたいに、昔のテレビみたいに、モコモコしていてぐにゃぐにゃしていて、すぐに隙間に埃がたまるような線いっぱいの人だけ生まれてくればいい。
穴の数そのものが少ない人に人工的に穴あけたって、そこに線いれても向こうは何にもないだろう。

| 19:33 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト

- | 19:33 | - | -
コメント





http://kusuguri.jugem.jp/trackback/146
トラックバック